社会民主党県議団県外視察報告書
県議会議員   甲斐 重信
                                 鳥飼 謙二
                                 田中 義春
                                 満行 潤一
1、 調査目的:「韓国におけるカジノ賭博の現状と問題点」について

2、 調査日時:2001年1月31日

3、 視察先 
     大韓民国釜山広域市役所 
     応対者 :釜山広域市文化観光局長「林周燮」氏  

  視察先
     (株)パラダイス釜山
     応対者 :国内販促・係長「金曾榮(キムヘヨン)」氏

4、 調査結果 
・カジノ施設の現状 

@ 施設数について

 韓国国内には、ソウル市、仁川市、釜山市、観光特別区チェジェ島に外国人専用施設が13箇所と、韓国民にも開放されている江原道の江原ランド・スモールカジノが1ヶ所の計14ヶ所設置されているが、釜山市以外の他の施設についてはあまり知らない。外国人専用施設は、パスポートの提示が義務づけられるなど、韓国民の入場は禁止されている。しかし、外国人同伴なら許可されている。(但し、通訳のチェさんによれば、入場可能なのは喫茶スペース等のカジノ場以外のみで、カジノは韓国民にとっては外国と同じであり、それは間違いと調査後に我々に語った)

A 従業員数

 304人でほとんどが地元採用者だが一部ソウル市からもいる。

B 売上高と入場者数

                 売上高     入場者数
         1995年  316億ウォン  53000人
         1998年  446億ウォン  81000人
         2000年  510億ウォン 105000人 
  国別には、日本70%、中国、アメリカ、ロシア、東南アジアとなっている。

・カジノ合法化後の観光産業に与える影響について

@ 観光客数の動向

 95年以降は、年15%の割合で観光客が増加し、2000年は154万人となった。

A 税収への貢献度については国税のみであることから、当市ではわからない。ただし、10%は地方へバックされており、2000年は40億ウォン程度か。

B カジノが雇用や産業に与える効果は大きいと考えており、政府には(外国人専用)カジノの増設を要望しているが、政府の許可が下りない。


・ 犯罪や青少年に与える影響について

@ 警備体制

 特にない。各ホテルで対応している。

A 広報啓発活動

 外国人専用であり、パスポートで年齢を確認するなど、青少年の入場は禁止されているので問題はないと考えている。

・ 問題点と解決策の現状

 釜山市は内国人向けのカジノの開設は考えていない。理由は、犯罪の増加や家庭の崩壊、勤労意欲の減退が予想される。

                      −以上 釜山市観光局長−


・ パラダイスホテルのカジノの現状

@ ゲームの台数について
バカラ14台、トランプのブラックジャック8台、ルーレット5台、スロットマシーン等の6種類。

A ディーラーは約200人いる。

B 国別では日本が70%、中国人が20%、その他10%位ではないか。

C 客数では、平日はほとんど客はいない。金土日が多いとのこと。朝の10時頃であったがバカラを2人の客がしていた。12ないし13人のディーラーは手持ち無沙汰にしていた。

D その他
ホテルの客室は800室、市の中央部にロッテホテルが開業した。新設ホテルはカジノが許可された場合のことを考えスペースを確保している。

E犯罪や青少年に与える影響について


・警備体制

 特にない。

・広報啓発活動
   外国人専用であり、パスポートで年齢を確認するなど、青少年の入場は禁止されているので問題はないと考えている。
                   −以上 パラダイス釜山カジノ−