とりがい謙二8つの公約

3.自然環境の保護と整備

化石燃料の大量消費、フロンガスによるオゾン層の破壊、酸性雨による森林被害等による地球温暖化は、大型台風の多発など世界各地で深刻な環境問題を引き起こしています。又、クリーンエネルギーとしての原子力発電を見直す動きが強まっていますが、トイレのないマンションと言われる原子力発電の増設は危険な動きと言えます。全国で有数の日照時間を誇る本県の優位性が注目されています。

一般家庭や工場から出される廃棄物の量は増加傾向にあり、再利用や再生利用などの強化が求めらます。

公約
みどり豊かな自然を守り、人と自然が共生できる環境づくりをめざします。
「自然エネルギーの全量固定価格制度買取り制度」を導入し、低炭素社会の構築を目指します。
大淀川を市民に親しめる水辺とするためさらなる浄化をはかるとともに、上流での広葉樹の植林・森林整備や農地整備・河床掘削等の整備により洪水対策を強化します。
廃棄物の減量や再利用を促進し、産業廃棄物の適正処理を推進します。
生活排水処理施設の整備など生活環境の保全にとりくみます。
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770