とりがい謙二8つの公約

はじめに

私は、11年の統一自治体選挙で7期目の立候補を決意いたしました。

昨年10年の口蹄疫、今年になっての鳥インフルエンザ発生や新燃岳爆発により、直接被害を受けた農業生産者のみならず関連する運送業や物流業、観光業、飲食業等あらゆる分野で厳しい状況が続いています。県政の最優先課題は、口蹄疫・鳥インフルエンザ・新燃岳の噴火により決定的な追い打ちを受けた宮崎県経済の早急な復興であることは県民の皆様の共通の思いと考えます。そのために思想信条を越えて、政(知事・県議会)、財(民間)、官(行政)が一体となった強力なリーダーシップを発揮する組織が必要です。その際、重要なことは、「現場」を熟知する人材の活用です。モラトリアム法※の期限も来年3月までで急を要します。多くの知恵を結集して、自らの力で対策をつくりあげましょう。また、医療・福祉・介護の充実、農業の振興、観光、商店街の振興などに全力で取り組んでまいります。

7期目に挑戦するにあたり競争最優先の市場万能主義ではなく、人々が個人として尊重され、自然と調和し平和で安心してくらすことができる社会にしていくために、以下の基本的姿勢で政治活動をすすめます。

※モラトリアム法(中小企業金融円滑化法のこと。中小企業者の等の資金繰りの円滑化をはかるもの)」

公約
平和憲法の理念が実現される社会をめざします。
格差を是正した若者が希望の持てる生活優先の社会をめざします。
あらゆる差別をなくし誰もがともに生きていくことができる共生社会をめざします。
住民の毎日の生活に根ざしたところからの政策づくりや県政情報の公開により、県民が真に県政の共同作業者となる県政の実現をめざします。
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770