くらしが危ない
13.市町村合併と 「小さな政府」 (市町村合併)
市町村合併はどこまですすんでいるのですか

いま全国のいたるところで、 住民の意思とは思われない市町村合併がすすめられています。
宮崎県を例にとりますと、 2006年3月時点の市町村の数は44から31へと、 なんと13の町村がなくなることになります (全国では 3, 229市町村から1, 822市町村)。

なぜ合併の動きが盛んになっているのでしょうか

政府が、 法律のさだめる期限内で合併すれば 「いままでどおり地方交付税を認める」 「合併特例債の発行を認める」というアメで合併へ誘いこんできたからです。

合併特例債とは
合併する自治体に対して10年間に限り、 特別な借金を認めるというものです。 しかし、特例債は借金です。その7割は国が負担するとしています。

市町村合併の背景には、「道州制 をめざす」 (骨太方針 2005)という政府の方針があります。 要するに、 市町村合併は単なる合併ではなく、 財界のめざす国際競争に勝ち抜く基盤づくりとして、 すすめられているのです。