とりがい謙二の日記

2015年7月の記事

戦争法案は廃案に!

「国際平和支援法案」「平和安全法制整備法案」の2法案の審議が衆議院の特別委員会で行われているが、安倍政権は審議時間が100時間をこえ十分審議したとして今週の15日に採決するとしている。

しかし、これは断じて認められない。各種の世論調査では、8割を超える人が政府の説明は不十分だとしている上に6割が憲法違反であり今国会で成立させるべきではないと答えている。さらに憲法学者などの知識人なども反対を表明しており、今国会周辺では万を超える人々が反対の声を上げ、特に自由と民主主義を守るとして若者が国会周辺に押し寄せている。

 また県内においても、宮崎市や小林市など各地区で反対の集会やデモ行進、街頭宣伝が連日繰り返されている。門川町や川南町、高原町、小林市、えびの市議会では反対や慎重審議を求める意見書が採択されている。これはかってないことであり、日本がアメリカと一緒に戦争のできる国へと変わる重大な岐路に差し掛かっていることへの危機感のあらわれである。

安倍政権は、間違っている。憲法違反の安保法案を廃案にして、国民投票で国民の意見を聞くべきである。我が国を法治国家とするため力を合わせましょう。

2015-7-12-1 コメント
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770