とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

それはずるいよ 松下さん。政治家の迂回献金は脱法?違法?

自民党の松下新平国土交通政務官が、自身が代表を務める自民党県参院選挙区第1支部に2年間で約2800万円を寄付した後、自らの後援会と資金管理団体に還流させ、所得税の控除を受けていたと報道された。

これまでも、自民党の竹本直一衆院議員(比例近畿)や日本維新の会の井上英孝衆院議員(大阪1区)、大阪府泉佐野市の千代松大耕市長なども同様の手法で「迂回寄付」をしていたことが報道されている。
維新の会の橋下徹共同代表は「納税者に説明できない話だ。議員の中でのあしき慣行で、絶対に間違いだ」、松井幹事長は「ほとんどの議員が大きな問題意識を持っていなかった」として、党としての処分は見送るとしている。

所得税の控除は、議員自身の後援会に直接寄付した場合には受けられない。税法は、政党に寄付した場合のみ所得税の控除が受けられるのである。ほとんどの議員は、直接議員自身の後援会に寄付しているが当然であろう。悪しき慣行ではなくずる賢いと言うべきではないか。

私もこれまで、社民党宮崎県連合に年間100万円程度、自身の後援会に年間100万円程度を寄付してきたが、当然ながら社民党県連合からとりがい後援会に対する寄付はない。だから確定申告をすると30万円程度が税務署から還付されたと思っている。松下議員にも2年間で約800万円程度が還付されたのではないかと思われる。

今回の問題は、議員個人と政党支部、議員後援会に何らかの意思のやりとりがあり行われた結果であろう。ほとんどの国会議員や地方議員は正直に実態を申告しているのであり、早急に改められるべきである。何故なら、国家は税によって運営されているのであり、国家の存立にもかかわってくる問題でもあるのだから。

2013-4-16-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770