とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

死にもの狂いに息長い取り組みで観光客の誘致を図ろう!

先日、鹿児島市の城山観光ホテルでで南九州観光振興会議が開かれた。電車で2時間かけて着いた鹿児島中央駅は新幹線効果もあるのか、旅行客でごった返していた。宮崎県・鹿児島県の2県でスタートし、途中から熊本県が参加して3県となったが今年で21回となり歴史を感じさせるまでになった。県議会議員や行政、観光協会、ホテル・旅館、バス・鉄道・船会社等が参加しているが、今年は々馥盂阿らの観光客誘致対策の強化、交通ネットワークの形成について議論し大変意義ある会議であった。(写真:開会前の鹿児島県のゆるきゃら歓迎ダンス)
 ところで、2000年の口蹄疫発生以来、宮崎県の教育旅行(修学旅行)は急速に落ち込み、2012年は2556名となっている。熊本県が109,738名鹿児島県が93,641名と全く比較にならない危機的状況である。そこで私は、「宮崎県内では旅行先を県内にすべきではないかとの議論まで出ている。各県の協力をお願いしたい」と発言した。
 すると鹿児島県のホテル関係者から「両県で教育旅行誘致の会議をし関西など県外へ誘致活動を行っている。しかし協議に宮崎県のホテル旅館の関係者が参加してくれない。是非、参加して欲しい。鹿児島県も4年前は6万人台に落ち込み必死の努力をしてきた」と発言があり反論できなかった。

宮崎県は死にもの狂いになって取り組む努力が欠けているのだろうか。よくよく聞くと熊本県のホテルが県内の年金受給者団体などに営業に来たり、超破格の宿泊料金の上、無料のグランドゴルフに1位から3位まで賞金を出したり、足袋のお土産などのサービスしているという。数をこなしリピーターを獲得するのであろう。頭が下がる思いだ。

ところで、宮崎では金融戦争がおきているという話を聞くが、県外の金融機関の従業員は全員自治会に入り、清掃に参加し災害の場合は彼らのビルに避難してくださいと言うほどだと言う。

観光振興会議で鹿児島県の議員が「鹿児島・上海線の継続が厳しいのでぜひ利用して欲しい」と協力を呼びかけていた。県職員の派遣には大変な批判があり3000人から300人に減少したが、上海市や航空会社は鹿児島県の熱意を感じたのではないか。そこには知事のしたたかさを感じる。
観光に浮かぎらず、必死で息の長い取り組みをしなくては他県には勝てないなと感じた21回観光振興会議であった。

2013-11-17-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770