とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

小泉構造改革が生んだツアーバス事故 いき過ぎた規制緩和の是正を!

「すべての働く者の連帯で働くことを軸とする安心社会を実現しよう」をスローガンに労働者の祭典メーデーが県内各地で開かれた。連合宮崎中央メーデーは宮崎市の大淀川市民緑地公園で開かれ、東日本大震災からの復興や雇用の改善、格差是正を求めるメーデー宣言が採択された。極めて当然の宣言である。

メーデー集会の壇上で考えた。東日本の復興が遅々として進まないのは何故なのか。自公政権時に進められた格差は何故是正されないのだろうか。非正規労働者は今や1800万人を超えているが、非正規労働者は何故減らないのだろうか。安全や命さえも競争の対象とした構造改革、規制緩和、競争の結果、今回のツアーバス事故はおきたのではないか。休日を要求すれば首を切られる。だから労働者は無理をして働かざるを得ない。バラバラにされている労働者の姿が浮かび上がる。安心や命を犠牲にするこのような制度を何故是正しようとしないであろうか。今回の事故は起こるべくして起こったとも言えるのではないか。3年前の政権交代は、自公政権の格差拡大や地方切り捨てに多くの国民がこれ以上はご免だと立ち上がったからではないのか。

しかし、政権は庶民の声を無視し誤った道に国民を導こうとしている。今、なされるべきは、TPPでも消費税増税でもない。東日本大震災、原発震災からの復興であり、格差解消や規制緩和、競争至上主義の見直しではないか。政策の方向性が間違っているとしか言いようがない。間違った政策に命をかけて貰っては迷惑するのは国民である。民主党政権は政権交代の原点に返るべきである。

宮崎のツアーバスの現状はどうか。地域の公共交通機関は県民の移動の自由を保障しているかなど、今回の事故を契機にもう一度検証が必要であろう。メーデー集会終了後に大淀川河川敷から双葉公園まで約4キロをデモ行進しながら、様々な現場で働く人々の権利拡大、団結の重要性を再認識した1日であった。

2012-5-1-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770