とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

原発運転再開は国民的な議論と納得の上で行うべき!

政府が、全原発を対象に新たに安全性を点検するストレステストを行うとしたのは、これまでの経緯を無視したものだとして菅総理に批判が向かっている。海江田経産大臣が、九州電力を突破口に浜岡以外の定期点検済み原発を再稼働しようとして努力したことが水の泡で、浜岡以外の再開は菅総理も同意していたにも関わらずこれまでの基準を設けストレステストを行うのは怪しからんと言うのである。

しかし、ちょっと待って欲しい。福島原発事故は何故起きたのかの検証さえもなされず、いまだ事故は終息せず目処さえ立たず放射能をまき散らしている。原発事故による避難者が故郷に戻れない現実をどう考えているのだろうか。

にも関わらず、従来の基準に少しお茶を濁した程度で再開を認めるという感覚が分からない。国民は、国や電力会社に対する不信と不安で一杯なのが現実である。少なくとも再開に向けてはしっかりとした基準を設けるべきであろう。玄海原発再開は待って欲しいのである。

九州電力のやらせメールは、電力会社の意識が3・11以前と何ら変わっていないと言うことの証左ではないのか。

電力会社や経済界は、原発を再開しないと電力不足により企業が海外へ移転するとか大停電が起きると二言目には言うが、もっと節電の努力や発送電分離の是非、電力供給の現状について国民的議論を展開することが重要ではないだろうか。民主党や自民党の中にも原発至上主義者がいることを忘れてはならない。

2011-7-8-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770