とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

玄海原発再開は慎重の上にも慎重に検討をすべき!

玄海町の岸本英雄町長は、昨日定期検査で停止中の九州電力玄海原子力発電所2、3号機の運転再開を認めると九電の真部社長に伝えた。しかし、東京電力福島第一原発事故が未だに終息せず、放射能をまき散らしている中でいかにも拙速と言わざるを得ない。

 また、佐賀県の古川康知事も海江田経産大臣と面会後、容認の姿勢をにじませている。両者ともに、再開を認める理由を「国が再開については問題ない」としているからだとしているが、東日本大災害で未だに地震・津波からの復興や東電福島原発が制御できていない現状をどう見ているのか。

3・11以前の発想から一歩も抜け出ていない思考に脱力感すら覚える。玄海町や佐賀県だけではなく、周辺自治体いや九州・日本全体の問題なのだ。慎重の上にも慎重に検討すべきではないか。再考を求めたい。

ところで、松本復興大臣が自身の放言で辞任した。当然ではあるが、何故このような不用意な発言をしたのか。問題になることは自明の理であったにも関わらず、それとも辞任を想定していたのか。自然エネルギー固定価格買い取り制度を潰すために管降ろしを加速させるためではないかと思うのは考え過ぎか。

2011-7-5-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770