とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

節電で脱原発社会を!

原発の危険性を歌える田中優さんの講演を以前ユーチューブで聞いたことがあったが、やはり直接聞くと迫力を感じた。過激な発言もなく説得力のある話であった。
その要旨は「福島原発事故と1986年のチェルノブイリ原発事故との比較や地震列島に密集して設置されたことの異常さが語られた。電源3法交付金であり地獄に陥る自治体。
そして、発送電・配電の電力会社による独占。費用の3%を保障する総括原価方式の採用。使えば使うほど安くなる業務用の電気料システム。業務用約75%、家庭用25%の比率で電気を消費しており、業務用に注視し改善することで使用料を減らせる。ピーク時は1年間8760時間の内、平日日中3時間程度。節電し、その上で自然エネルギーを採用しよう。そして原発のない社会を一緒に作ろう」というものであった。
日本は、エネルギーの94%23兆円を輸入しているそうだが、もっともっと関心をと内橋さんの言うFECを再認識した。

2011-6-14-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770