とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

どう見ても己に都合の良い取引ではないか!議員定数確約書問題

議員定数問題で明るみに出た自民党中村幸一会長と無所属の会川添博議員との間の確約書問題について、今日の全員協議会で両議員から釈明がなさた。全員協議会など公の場での経緯の説明を求める社民党などと拒否する自民党が鋭く対立し、10時開会予定の全員協議会が開かれぬまま断続的に幹事長会での協議が行われた。そして、午後4時からようやく全員協議会が開かれ両議員の説明が行われた。

中村議員は、取り交わした文書について「確約書ではない、愛みやざきと公明党、川添議員に緒島定数特別委員長と同行し、自民党案に賛成するよう要請した。採決の前日に川添議員から要請され、個人として文書に署名した。騒がせたことは申し訳なく思うが、悪いことをしたとは思っていない。」と釈明したが、県民や議員に対する謝罪は残念ながらなかった。県民の1票の取り扱いに関係するからこそ、このような密約の類は排除されるべきものではないのか。県議会の議論をもっと大切して欲しいものである。
又、川添議員は「軽率であり、お詫びしたい。今は、1人区を増やさないためのものであったと思っている。個人的なことに関した交換条件ではない。又、取引や密約ではない。書類はすでに処分した。」と説明したが、文書の写しさえも示そうとしないなどその対応は不自然であったと言わざるを得ない。

経緯が十分解明されず、もやもやした後味の悪さが残った全員協議会であった。軽率極まりない2議員の行動で、県議会全体に県民から不審の目が注がれたわけで、両議員には今後とも説明責任を果たしていって欲しいものである。

2009-4-13-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770