とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

海賊対策に名を借りた自衛隊の海外派遣に抗議する

今日は、社民党県連合の引っ越しであった。これまで20年以上事務局を置いてきた労働福祉会館が3月末で取り壊されるため、やむを得ず近くの第3宇田ビルに新事務所をお借りして業務を行うこととなったためである。
明日、電話やパソコンの接続を終え本格的に業務を開始することとなった。これまで、衆議院選挙や高校への30%推薦制導入反対、宮崎空港拡張反対闘争などの政治闘争や県民運動の拠点であったことを思うと寂しい気もするが、新しい気持ちで暮らしと平和を守る運動を取り組みたい。
ところで、ソマリア沖・アデン湾における海賊対策として自衛隊法82条に基づく海上警備行動として、護衛官2隻と海上自衛隊員が海外派遣された。
海上警備行動は、わが国への領海侵犯に対処することを目的としたもので、今回のような派遣を法は想定していない。法律の拡大解釈により自衛艦を遠洋に派遣し既成事実を積み上げることは認められないし、国会にも諮らずに決定したことは、文民統制の観点からも問題である。

海賊対策は、警察活動であり日本の海上安全と秩序を守る責任は第一義的に海上保安庁ではないか。今回の自衛隊派遣には、隙あらば自衛隊海外派遣の道を広げようとする意図を感じざるをえない。国家の最高法規への対応は、当該国家が民主国家であるかを占うバロメーターであると言える。歴史の教訓に学ぶならば、憲法をもっと大事に取り扱うべきではないか。

2009-3-15-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770