とりがい謙二の日記

2008年9月の記事

中山成彬国土交通相は直ちに辞任すべし!

 中山大臣の失言が止まらない。このような認識の国会議員に国政は任せられないし、なおのこと大臣として国の舵取りを任せることはできない。民主主義を否定したり、歴史的事実を誤認したり何でもありだ。驚くと共にあきれ果てる。直ちに大臣を辞任すると共に国会議員も辞任すべきではないか。
次の抗議文を首相官邸と中山大臣宛に送付した。次期総選挙での有権者の判断が注目されるが、有権者が問われていると言えるのではないか。

                     2008年9月26日

 内閣総理大臣 麻生 太郎 様
 国土交通大臣 中山 成彬 様

                 社会民主党宮崎県連合
                    代表 鳥飼 謙二


   中山成彬大臣発言に抗議し、罷免と辞任を要求する申し入れ
 中山成彬国土交通大臣は、25日、共同通信社など報道各社とのインタビューで、成田空港建設への反対闘争について「ごね得というか、戦後教育が悪かったと思う」と批判。
 また、国土交通省の無駄遣いをめぐるやりとりのなかで「ついでに言えば、大分県の教育委員会の体たらくなんて、日教組ですよ。日教組の子供なんて成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力は低いんだよ」と述べ、事実に反する中傷を行ったり「日本は『単一民族』といいますか、世界とのあれがないものですから、内向きになりがち」と答えるなど、アイヌの人々の存在を無視する発言などを行った。
 小泉内閣の文部科学大臣在任中にも「従軍慰安婦という言葉は当時なかった」と発言したり、歴史的教科書の記述を「自虐的」と暴言を繰り返した。
 中山大臣の一連の発言は、大臣としての資質を問われるものであり、歴史的事実や戦後の民主主義を否定するもので断じて容認できるものではない。歴史的事実や民主主義を否定する発言に抗議すると共に、中山大臣は自ら辞任するか、もしくは、麻生総理大臣が中山大臣を罷免するよう強く要求する。

2008-9-26-1 コメント

何かを期待できるのか?いい加減位して欲しい自民党麻生内閣!

今日から一般質問が始まり、5人の議員が登壇した。全くの一問一答からまるで一括のような質問まで、色々だがやはり説得力のある質問は聞いていてよくわかる。小林市民病院の立て替えにからんで県民の命はどこに住んでも同じではないかという主張はそのとおりではないか。県当局は何らかの対応をすべきであろう。又、自民党の最長老議員が質問者席で当局を質す姿は、議会改革の象徴と言えるのではないか。それにしても、その議会改革を叫ぶ愛みやざきの皆さんが自席からと言うのはどう理解すればよいのであろうか。2日目以降の質問にも期待したい。
ところで、麻生政権が、発足した。8月に福田内閣が初めて内閣改造を行って1月半、又閣僚が替わり今度は総理大臣も替わった。右翼的で国民を逆なでする問題発言の多い麻生財閥の御曹司。庶民とは対局の世界で育ち、常に庶民を見下ろしてきた世間知らずの人が日本のトップリーダーとなった。地方を切り捨てた小泉構造改革の旗を振り、自民党政調会長、総務大臣、外務大臣、自民党幹事長としてその中枢にいた人物に何を期待すればよいのであろうか。
国民の生活ではなく、総選挙での勝利のみを考えて大臣を選出したことからもその政権の異常さがわかるではないか。近く行われるであろう総選挙での敗北により大臣を罷免される内閣に期待できるものは何もない。何としても3区の松村秀利氏と1区の川村秀三郎氏の力で世直しを図らなくてはならない。その闘いの先頭に立つ決意を固める時を過ごす毎日である。(写真左:松村秀利氏、写真右:川村秀三郎氏)

2008-9-24-1 コメント

表紙だけ替えた期待度ゼロの麻生自民党総裁誕生

自民党は、第23代総裁に麻生太郎幹事長を選出した。福田康夫首相が1日突然辞任を表明し、リーマンブラザーズの倒産などの世界的金融不安や三笠フードの汚染米事件、年金問題など国民生活はそっちのけで全国各地でお祭り騒ぎの総裁選挙が繰り広げられた。
 結果は、麻生氏が全体の7割近い351票を集めて圧勝し、自民党総裁に選ばれた。麻生氏は党幹事長に細田博之幹事長代理を起用し、党役員は留任の見込みという。麻生氏は「これは天命だろう。次期衆院選で民主党に勝って初めて天命を果たしたことになる」とあいさつし、記者会見で後期高齢者制度について問われ「制度が複雑でわかりにくい。国民に理解して貰うことが大切だ」と何を言いたいのか分からない答えに終始していたのが印象的であったが、国民は衆議院選挙目当ての総裁選挙だと冷静に見抜いていた。
社民党は3区に松村秀利幹事長を公認、1区に川村秀三郎氏を推薦して来たるべき衆議院選挙を世直し選挙と位置づけて取り組むこととしている。(写真上:松村秀利氏、写真下:川村秀三郎氏)

小沢民主党との違いは何かと問われ「選挙をやった党か、そうでない党かの違いだ」と答えるなど進むべき道や理想を語ることはなく、ましてや国民への謝罪や説明はないなど国民の生活をおもんばかった言葉は一切なかった。これが国のリーダーかと思うと寂しい限りである。

麻生太郎氏の祖父は、故吉田茂元首相で、妻は故鈴木善幸元首相の三女、麻生財閥の御曹司として生まれ、庶民とはほど遠い存在である。某県知事は人柄を評して「気さくで庶民的な方」とは恐れ入る限りだ。

2008-9-23-1 コメント

政策転換ではなく政権交代を!

社民党は、19日午後7時30分から開いた県連常任幹事会で、次期総選挙第3選挙区に県連幹事長の松村秀利氏を擁立することを全会一致で決定した。これまで、1区・2区・3区で候補擁立の作業が続けられてきたが、3区で松村秀利氏を擁立し、1区は無所属川村秀三郎氏を推薦、2区は民主党候補を支援することとなった。これまで連合宮崎を軸とするCNP会議で、非自民勢力を結集することが確認されていた。(写真左:松村秀利氏、右:川村秀三郎氏)

医師不足等による医療崩壊や後期高齢者制度、燃油の高騰、リーマンブラザーズの倒産等の世界的金融不安の中で、無責任な福田首相の突然の政権投げだしにより国民の生活不安は、かってないほど高まっている。それにも関わらず、自民党は国民に謝罪することなく、総裁選挙に夢中となっている。国民は、総裁選挙を利用し自民党の支持率を高めようとする政権与党の魂胆を見抜いている。政治の流れを変えなくては、国民生活は破綻し日本は二度と立ち上がれなくなるのではないか。社民党は、その一翼を担うため全力をあげて闘う。その先頭に立って奮闘したい。政策転換ではない、政権交代を国民は望んでいる。

2008-9-21-1 コメント

宮崎は大丈夫か 不安が募る宮崎県政!

 昨日、9月議会での社民党を代表しての質問が終わった。6月議会が終わった7月1日からすぐ準備に入ったが、本当に長い2ヶ月半であった。新聞を読み、医師や看護師、市町村長、農産物の生産者や消費者、新ネルギー等に取り組む人、県の出先機関などの行政関係者等々多くの人々に会って話を聞いた。そして文献を読み、又調査の繰り返しであった。ご協力を頂いた方に感謝したい。

 今、宮崎県政は、医療や雇用・産業の振興など様々な課題を抱えて苦闘している。今年の九州経済白書にあるように、企業立地が好調で発展する北部九州、3年後に九州新幹線が開通し1時間20分で結ばれる追いつく西九州、取り残される宮崎県の姿が見えるのである。

 そんな時に、「権限・税財源を徹底して地方に移譲するとの前提で道州制に賛成」と発言している知事に対して不安がよぎる。国は、そんなお人好しのことを考えていないからである。移すべき権限・財源を都道府県に移管せず、三位一体改革と称して地方交付税等約350億円だまし取ったも同然の国に対して分権を闘いとるという戦略が感じられないからである。

 県庁内では知事は職員を信頼せず、又職員も知事からブログを使っていつ叱責されるもしれないという恐れを抱いているという話が伝わってくる。果たして、知事と幹部職員との侃々諤々の議論は展開されているのだろうか。知事室内が透けて見えるようである。

 絶対権力者である知事が起こした犯罪が官製談合事件であるが、同じような構図が県庁内に出来上がってきているとしたら県議会の責任は大きい。杞憂であれば幸いである。知事を先頭に安心して暮らせる宮崎県づくりが我々の責任なのだから。

2008-9-20-1 コメント

麻生・公明ラインに屈したか。あまりにも無責任な福田首相辞任!

福田康夫首相が、昨夜9時30分記者会見し突然の退陣表明を行った。新聞報道は、福田退陣が政界関係者のみならず国民にとってもあまりにも突然で一様に驚き呆れていることを伝えている。

マスコミあげての小泉劇場を演出した2005年の郵政選挙で、圧倒的議席を獲得した自民党であるが、小泉構造改革がもたらす負の遺産は昨年の参議院選挙での敗北をもたらした。

福田首相は、1年足らずで政権を放り出すことになった理由に民主党が国会運営に協力しないことをあげているが、お門違いも甚だしいと言わざるを得ない。そもそも政党は己の信じる理念や政策を掲げ切磋琢磨して国民の福祉を如何に向上させていくかを競い合うものではないのか。主義主張が近い政党が連立を組んで政権を担っていくのである。

先月内閣改造を行い、原油高や物価高、景気の急激な後退、非正規社員問題などを議論をする12日からの臨時国会に国民の期待も高まってきたところではないか。

自民党の麻生幹事長を選出したとき、福田首相は毒を飲んだと書いたが、その毒に近いとされる公明党ラインの圧力に抗しきれず辞任をしたのか、実質させられたのかのいずれかではないか。表紙を替えて総選挙をやろうというのが彼らの算段であろう。いずれにしても無責任極まりない政治不信を増幅させる何物でもない。

今、県内でも1兆2000億円の社会保障費の削減撤回を求めて医師会関連団体が7月末に抗議集会を開いた。そして、農林水産業関係者も8月に集会を開き、本日建設業関係団体の集会が予定されている。国民各層が、自民・公明党の政治に悲鳴を上げているのである。早期の衆議院解散を行い政治の流れを変え、税金の流れを変えて国民生活を守ることが今最も求められていると言える。

2008-9-2-1 コメント
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770