とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

政策転換ではなく政権交代を!

社民党は、19日午後7時30分から開いた県連常任幹事会で、次期総選挙第3選挙区に県連幹事長の松村秀利氏を擁立することを全会一致で決定した。これまで、1区・2区・3区で候補擁立の作業が続けられてきたが、3区で松村秀利氏を擁立し、1区は無所属川村秀三郎氏を推薦、2区は民主党候補を支援することとなった。これまで連合宮崎を軸とするCNP会議で、非自民勢力を結集することが確認されていた。(写真左:松村秀利氏、右:川村秀三郎氏)

医師不足等による医療崩壊や後期高齢者制度、燃油の高騰、リーマンブラザーズの倒産等の世界的金融不安の中で、無責任な福田首相の突然の政権投げだしにより国民の生活不安は、かってないほど高まっている。それにも関わらず、自民党は国民に謝罪することなく、総裁選挙に夢中となっている。国民は、総裁選挙を利用し自民党の支持率を高めようとする政権与党の魂胆を見抜いている。政治の流れを変えなくては、国民生活は破綻し日本は二度と立ち上がれなくなるのではないか。社民党は、その一翼を担うため全力をあげて闘う。その先頭に立って奮闘したい。政策転換ではない、政権交代を国民は望んでいる。

2008-9-21-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770