とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

大野病院事件再発防止のため、国は政策転換と医療事故調設置を図れ!

 福島県立大野病院で、帝王切開手術を受けた女性が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた加藤克彦医師に対する判決公判が福島地裁で開かれ、鈴木信行裁判長は無罪判決を言い渡した。

 鈴木裁判長は、「死亡の原因は出血性ショックによる失血死であり、癒着を無理にはがせば大量出血やショックを引き起こし、母体死亡の原因になり得ると医学書に記載されていることなどから、『剥離を継続すれば剥離面から大量出血し、女性の生命に及ぶ恐れがあると予見する可能性はあったと解するのが妥当』としたが、癒着を認めた時点で剥離を中止し、子宮摘出手術に移行すべきだったとする検察側の主張には、『こうした医学的準則が一般性や有用性を具備したものとまでは認められない』とし、胎盤剥離を中止する義務が加藤被告にあったとは認められない」と結論付け無罪とした。日本の産科医療で行われている通常の医療が行われたと言うことであり妥当な判決ではないかと思われる。

 しかし、医療行為により一人の女性が亡くなったことは事実であり極めて残念なことである。更に、真相解明を裁判の場で図るという形をとったために、医師側と患者側が相争うという両者にとっても不幸なものとなったのではないか。

 樋口節雄東大大学院教授は、ある新聞に「判決は検察側の完敗だ。だが、有罪か無罪かより重要なのは、医療事故の真相究明に裁判がそぐわないことがはっきりしたことだろう。検察側と弁護側が対立のゲームを続けたことで、医師も遺族も傷ついた。真相究明と再発防止のため、医師を中心に、患者も加わった形での協調の仕組みが必要だ」と語っている。

 これまで医療シンポジュームや医師会との意見交換会を行ってきたが、数人の医師から「患者も一緒に地域の医療を守って欲しい」との発言があったことを私は今でも印象深く思い出すのである。それほどまでに地域医療は、危機的な状況に追いつめられていると言うことではないか。

 今回の事件が、医師不足という医療環境の中でおきたことを考えれば、厚生労働省は1日も早く抜本的な政策転換を行い、1日も早く医療側と患者側が納得できる医療安全調査委員会を設置すべきであろう。

2008-8-21-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770