とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

一読を勧めたい書 「ルポ 貧困大国アメリカ」 

 つい最近、堤末果著「ルポ貧困大国アメリカ」を読んだ。著書を紹介するするコメントに次のようある。

 「貧困層は最貧困層へ、中流の人々も尋常ならざるペースで貧困層へと転落していく──。急激に進む社会の二極化の足元で何が起きているのか。人々の苦難の上でいったい誰が暴利をむさぼっているのか。追いやられる人々の肉声を通して、その現状を報告する。これはもしかしたら日本の近未来図なのかもしれない……。 」

 小泉政権が進めた新自由主義が日本を覆う中、容易ならざる社会に日本が変貌しつつある。その一歩先をアメリカが歩んでいるというのである。そのアメリカの現状には、息をのまざるを得ない。


  第4章「出口をふさがれる若者たち」では、その驚くべき事実とイラクの現状を対比せざるを得ない。

 著者は言う。「2002年春、ブッシュ政権は新しい教育改革法を打ち出した。そこには全米の全ての高校は生徒の個人情報を軍のリクルーターに提出すること。もし拒否したら助成金をカットするとしている。」

 「軍のリクルーターたちがリストにある生徒たちの携帯に電話をかけて直接勧誘する仕組みだ。勧誘条件は大きく分けて五つある。‖膤悗粒愴颪鮃駛評覆負担する。テ隊すれば兵士用の医療保険に入れる。」

 更に、第1章「貧困が生み出す肥満国民」では新自由主義の登場によって失われたアメリカの中流家庭が、 第3章「一度の病気で貧困層に転落する人々」では、日本では盲腸の手術代は2007年で64、200円で5日程度入院しても約30万円、ニューヨークでは平均入院1日243万円と極めて高額なことが描かれている。心臓病や脳梗塞などの病気は桁知らずで支払い不能に陥るのである。

 深刻な格差の現状が描かれており、一読を勧めたい。

2008-3-30-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770