とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

緊張感に欠けた代表質問

 本日、各会派の代表質問が終わった。初日が自民党持ち時間各60分2名、2日目が社民党55分、愛みやざき50分、3日目が公明党45分、民主党45分であった。

 総じて今回の代表質問は、緊張感・緊迫感に欠けるものであった。事前の質問の趣旨確認が十分なされていたのであろうか、再答弁に至るまで知事は、準備されていた答弁書を幾分変えて早口で読み上げるというものであった。

 一括質問のため、質問項目によっては聞いているものにとっては苦痛の時間でもある。一括質問は自民党1名、公明党、分割質問(質問者席から再質問)は社民党、民主党、分割質問(自席から再質問)は自民党1名、愛みやざき、であった。議会改革の一環として始まった分割質問を、是非質問者席からやって欲しいものである。

 よい指摘もあった。例えば、「知事は選挙戦から当選後も県民総力戦を掲げているが、具体的にはどのような県民運動として提起するのか」等のなるほどという質問もあったが、一括諮問のため聞いているものにはわかりにくかった。少し惜しかったなと思う。
 
 主な質問は、知事の政治姿勢や入札制度、不適正な事務処理、自殺防止等であったが、来週からの一般質問に期待したい。

2007-9-14-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770