とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

自公両党は野党に政権を!県議会は予算・決算常任委員会を設置すべし

 午後の本会議開会直前、安倍総理大臣の突然の辞職表明のニュースが入ってきた。内閣改造をして、外遊して外国と約束し、臨時国会での所信表明演説をやってさあ各党の代表質問が始まるというこの時期の辞意表明に驚き呆れた。あまりにも無責任ではないか。

 日本国の政治のリーダーの職を何と考えているのか。あまりにもお粗末な政権の投げ出しに、国民の政治への信頼低下を憂慮する。1日も早く野党に政権を渡すか、解散するかの2者しかないのではないのか。もし、自公で政権を継続するとしたら、競争と格差拡大、地方切り捨ての政策を転換すべきだ。

 県議会の自民党代表質問が終わったが、淡々と審議は進み用意された原稿が双方から読まれた感じであった。良い質問もあったのに惜しいなと思った。明日は、我が党の高橋透議員の代表質問だが大いに期待したい。

 

 昨日議論した県の入札方針に議会の関与を求める「建設工事等の入札制度手続に関する条例」は、断念したと所管の委員長より話しがあったが、当然であろう。しっかりとした議論を各党に求めたい。

 本会議開会前、不適切な事務処理を繰り返さないために議会の十分な審議を行うべきとして、5月に提言した予算・決算常任委員会の制定を求める要請を再度議長に行った。各会派の真剣な議論と早急な対応を求めたい。

2007-9-12-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770