とりがい謙二の日記

記事全文/コメント

マイケルムーアの「シッコ」を見よう!

 マイケル・ムーアのドキュメンタリー|シッコ」を見た。アメリカの医療制度が引き起こす数々の問題をWEBサイトで募り、実際に寄せられた話をもとにドキュメンタリー風に展開する。 
アメリカでは、医療保険の未加入者が約5,000万人。又、保険に加入していても、理由にもならない理由をつけ、あらゆる手段を講じて保険金の支払を拒否し、それによって空前の利益を上げる営利一辺倒の医療保険会社や製薬会社が描かれている。今日本で進められている混合診療の行き着く先が見えるようである。

 クリントン大統領時代、妻であるヒラリー・クリントンがファースト・レディとしての立場から公的医療皆保険制度の整備を求めたが、議会の反対により頓挫したことも描かれている。

 保険会社や製薬会社と癒着し取り込まれた政治家の実態を暴き、事実上、崩壊に瀕している状況のアメリカ医療制度に対して、無料の医療制度があるイギリス、フランス、カナダ、キューバなどの医療制度と対比させる。
 
 病気に罹患した国民の生活は破綻し、家を売った人や病院から着の身着のままで路上に放り出された人々が描かれている衝撃の映画である。

 交通事故で救急車で運ばれ入院した人も事前に申請がなかったととして救急車の出動台が給付されないのだ。日本では無料の救急車もアメリカでは有料だとは知識として知ってはいたがここまでとはとただ驚くのみである

 日本では、今構造改革として混合診療が政府の財政諮問会議等で進められつつある。その行き着く先が見えるようだ。

 1枚の保険証があれば、誰でも受診できるという制度を充実こそすれなくしてはならない。真実を見抜くことが如何に大切なことか、又難しいことなのかを思い知らせる映画である。セントラルシネマで上映中、是非「シッコ」を見よう!

2007-10-23-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770