とりがい謙二の日記

安倍総理の詭弁にはあきれ果てる

最近の安倍総理の詭弁にはあきれ果てる。福島原発の原因究明もできていないにも関わらず原発を売り込む一方、IOC総会で「汚染水は大丈夫。完全にブロックされている」と発言。オリンピック・パラリンピック誘致の決め手となったが、ゾンビ企業の東電は倒産させ、経営責任明確にすべきだ。福島原発の事故処理や復興は政府が責任をもつべきではないか。

アメリカの保守系シンクタンクの講演で中国を念頭に「すぐそばの隣国は毎年10%以上の軍事支出の伸びを1989年以来20年以上続けているが、私の政府が増額したのはたった0・8%。もし皆さまが私を右翼の軍国主義者と呼びたいのならそう呼んでもらいたい」と挑発。

安倍総理は国連の演説で「日本の成長には女性の力の活用が欠かせない」と女性重視の一方、現実には非正規社員は2000万人を超え過去最高。雇用者の38%を占めている。更に、安倍政権の審議会では、限定正社員や日雇い派遣の復活、ホワイトカラーエグゼンプション(残業代ゼロ)、解雇事由特区の検討などがなされている。全く許せない話である。

挙げればきりがない。彼ら・彼女らが異議申し立てするならば、政治は変わる。多くの人が政権を支持し続けるのは何故か。理解することは困難だ。政治を変えるには国民が変わらなくてはならない。勿論、政党やマスコミ、官僚、政治家も同様である。軍国主義を積極的平和主義と言い変えるのはまさに詭弁である。安倍総理の最近の言動は目に余る。

2013-9-29-1 コメント

城山三郎氏の庶民を見る暖かい心にふれた一冊

 正月休みに城山三郎の「本当に生きた日」を読んだ。男女機会均等法が公布された1985年の翌年に琉球新報等地方紙に連載されたもので、2児の母として家庭を守る主人公に経済的自立を勧める女性実業家を絡ませて女性の幸せを描いたものである。

 主人公は、夫を仕事に送り出してから洗濯、掃除を日課とし、布団を干さないと落ち着かないほどの貞淑な妻であった。社会に出て仕事をするようになってからは、仕事上の付き合いやパーティーなどで帰宅が遅くなり、子どもたちとの関係も一時まずくなるときなどが描かれている。結局物語は、ハッピーエンドで終わるのであるが、女性の幸せは何なのかを描いたもので暖かい著者の眼を感じた。

 

 23年後の今、果たして社会はどう変化し、女性の地位はどう向上したのだろうか。雇用、医療、地域など生活の全てが、規制緩和と構造改革により破壊されてしまったのではないか。女性の地位も新自由主義のもとで粉々になっていったのではないか。勿論、張本人は小泉純一郎であり自民党であるが。

 安部晋三政権が政権を放り出した後、つなぎとして登場した福田首相は、新テロ特措法の国会通過しか頭にないようで、年金記録問題について「公約違反というほどの大げさなものなのかどうか」とまるで他人事である。政治の役割をはき違えた政治家が、なんと多いことか。日本の政治を我が物顔にしている政治屋こそ、総選挙で落選させて粉々にすべきであろう。

 

2008-1-5-1 コメント
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770