2004年9月議会一般質問・答弁全文
(質問者:鳥飼謙二、質問日:2004年9月21日)
質問項目
  1. 消防・防災対策について
    ・消防力、・地震・台風対策、・住宅の耐震化、・消防学校、・消防防災へり、・地域防災計画、・国民保護法等
  2. 景気・雇用対策について
    ・雇用形態のあり方、・障害者の雇用、・雇用産業再生指針等
  3. 県立病院の機能充実について
    ・基本理念の達成状況、・あり方検討委員会の基本的考え方。・精神科救急、・延岡病院の事故原因等
  4. イオン出店の影響について
    ・県都市計画との整合性、・地価の推移、・営業時間、・交通事故等の大店法上の課題等
3.県立病院の機能充実について
とりがい

次に、雇用・産業再生指針についてであります。
県は、この度地方公共団体等における無料職業紹介事業や就職説明会、新卒者等を対象とした就職支援の充実等により就業機会の拡大を図るとする雇用産業再生指針を策定しました。同指針では、平成14年の完全失業率5・5%を平成20年には4・2%とし8000人の雇用増を図るとしていますが、その根拠と正規・非正規の内訳について知事にお尋ねします。

知事 雇用・産業再生指針は、様々な産業分野に係る施策を総合的に推進して、産業自体の体力を強化すること、そして、継続的な雇用の維持創出を図ることにより、本県の厳しい雇用環境を改善することを目的としております。このようなことから、雇用情勢を客観的に表す指標であります完全失業率の改善を目標として掲げたところであります。具体的には、完全失業率を、平成20年度に、過去20年間で、バブル期を除いて最低水準であります4.2%にすることを目指すものであります。
また、この目標の達成のためには、労働力人口が平成14年と同じと仮定した場合には、正規・非正規を合わせて約8,000人の新たな雇用の増が必要となります。
とりがい 又、定員適正化計画で県職員325人を純減し行政のスリムかを図るとされたところですが、視点を変えると県民の子弟の働く場が無くなったことにもなるわけで、今後どのようにして削減数に見合う雇用の場の創出を図るのか重要な政策課題となるわけであります。そこで、削減数に見合う雇用の創出をどのように図っていくのか総務部長にお尋ねします。
総務部長 県職員の削減に係る雇用創出についてであります。今年度から5年間で、一般行政部門の職員325人を純減することとしたところであります。今後、この計画を確実に実行していくためには、事務事業の見直しや組織の簡素合理化等の行政改革を強力に推進していくことが必要となってまいります。このような取組の中で、県の事務を民間に外部委託することも考えているところでありまして、このことにより、 新たな雇用を産み出すという効果もあるものと考えています。
とりがい 次に、就職説明会の実施状況と成果についてであります。先月シーガイアで開かれた県主催の就職説明会に行ってまいりました。今夏は、県内の6カ所で開催予定とのことでしたが宮崎会場では企業が105社、求職者は大学生を中心に約600人と大盛況で若い人たちが熱心に各ブースで企業の担当者から話を聞いていました。何とか働く場が見つかるといいなと思いながら会場を後にしたのですが、説明会場を増やすなど商工労働観光労働部の皆さん方の積極的な姿勢を高く評価します。そこで、県内の就職説明会の実施状況と採用内定等の成果についてお尋ねします。
商工観光
労働部長
この説明会は、平成15年度からは関係市町村や商工会議所などと共同方式で実施しており、本年度は8月に宮崎ほか県内5地区で開健し、延べ2415社、1,412人の参加を得、今後さらに4回の開催を予定しております。また、昨年度は、延べ419社、2,905人の参加を得、145人が就職に繋がったところであります。説明会は、求職者と企業との出会いの場として、大変有効であると認識しておりますので、今後とも、参加企業や参加者のご意見を参考にし、効果的に実施して参りたいと考えております。
とりがい 最後に、北郷温泉「杉の湯」の閉鎖についてであります。来年1月から「杉の湯」を始め宮崎厚生年金会館、宮崎太陽閣等の厚生年金関係の6施設が廃止をされるという報道は地元を始め関係者に衝撃を与えました。観光振興は勿論、雇用への影響が危惧されますが、今後の見通しについて商工観光労働部長にお尋ねします。
商工観光
労働部長
「杉の湯」は、北郷温泉郷の利用者の約半数を占める観光施設であり、今回、施設の閉鎖が決定されたことは大変残念であります。また、他の5つの年金関連施設につきましては、廃止又は売却の方向で、整理されると聞いております。今後、雇用の問題につきましては、その推移を見守るとともに、関係する市や町をはじめ、国、関係機関と情報交換を行い、対応して参りたいと考えております。