とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

宮崎県香港事務所、コンテナターミナル、スーパー宮崎棚を見学

昨年6月に開設された宮崎県香港事務所を見学し、取り組み状況をお聞きしましたが、ご苦労も多いようです。本県農産物等の輸出を支援し、商品サンプルのPRや農産物を保管する物流倉庫を併設、香港中心部から車で20分程度と距離的ハンディはあるようです。

物流コンテナターミナルは9ブロックに分かれていて、6ターミナルを所有するHITは、タイヤ式ガントリークレーンが200基、レール式ガントリークレーンが24基、水深は14,2メーターから15,5メーターと大変巨大なターミナルです。中国大陸の物流の要のように感じました。
日本食品取り扱いストアー「スパークリングラボ」(コンネ宮崎の1/3程度のスーパー)の棚を借用して県内の企業の出品を支援しています。年間予算が700万程度とのことですが、あまりにも小さなもので宮崎の農産物等がどれくらい売れているのでしょうか。費用対効果とがあるのかどうかな?感じがしました。主な販売品は、甘藷、漬物、乾燥しいたけ、お菓子などです。

2014-8-19-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770