とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

熊本県多良木町で休校中の小学校再開についてお聞きしました

多良木町は人口約1万人(1965年18000人)で人口減少と過疎高齢化が進んでいる町です。今年再開された槻木小学校は7年前に児童数の減少により休校となっていましたが、国の集落支援員制度を活用し県外から支援員を募集し、支援員の家族である長女の転入により再開されたものです。

集落支援員制度は、総務省による特別交付税350万円を活用し、地元の区長就任して集落点検などに取り組むものですが、当町においてはやや違った適用といえます。

ただ、過疎に苦しむ地方にとっては人口増に繋がる画期的取組ではないかと感じました。熊本大学と連携しての取組であり議会では反対の声もあったようで今後の推移に注目する必要があります。本県でも集落支援員制度(宮崎県24名)や地域おこし協力隊(宮崎県18名)の事例集を作成するなどして中山間地を抱える市町村の取組を支援したらどうかなと感じました。

2014-7-15-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

人口減少・地域活性化対策特別委員会県南調査で三股町役場訪問

人口減少対策特別委員会調査で、三股町長田地区の取組等を調査しました。同町は、都城市の衛星都市として人口が増加しています。ただ、都城市に近い地域では人口が増加しているが、中心地は空洞化、長田地区は高齢過疎・人口減少が進行しているとのことです。

4年前に長田地区過疎対策協議会させ住民全体で取り組むと共に、過疎地域定住促進奨励金により転入者新築・購入奨励金、転入・転居奨励金、宅地分譲、町営住宅建設等により子ども世帯の転入を促進しているとのことです。
課題として、児童館やへき地保育所の老朽化が問題で未だに汲み取り式便所となっており、改築は緊急の課題であるといえます。

2014-7-15-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770