とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

県民連合県議団県外視察でアルビレックス新潟を訪問

県民連合県議団県外視察で、2002年開催の日韓共催のFIFAワールドカップ大会の会場となり、現在Jリーグ「アルビレックス新潟」ホームグランドであるった新潟県立鳥屋野潟公園新潟スタジアム(デンカビッグスワンスタジアム)を訪問しました。日曜日にも関わらず公園全体を管理する若杉爾所長が建設の経緯や命名権活用の状況、施設設備や指定管理者の現状んど丁寧なご説明をいただきました。ありがとうございます。
建設費:約300億円、指定管理者:県都市緑花センター・アルビレックス新潟、指定管理用2億円、職員両団体から7名、運営費3億円だが不足分は入場料等を充当。施設命名権は新潟県内の電気化学協業KKが年間7000万円で契約しているとのことです。
10年間で芝が約10センチ伸びて陸上競技等で不都合があり、芝張り替え中でした。経費の関係で芝をはぎ取り10センチの土をはいでまた同じ芝を植え付けるとのことでした。

2014-6-1-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770