とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

夜間急病センター小児科が移転開所

宮崎市の夜間急病センター(小児科)の開所式典が開かれ、今日から救急患者の受付を開始することになりました。これまでは、内科、外科、小児科の救急患者は、宮崎市郡医師会病院内の夜間急病センターで搬送され、入院治療が必要な場合は隣接する小児診療所、同病院等に入院していました。
今回、この入院機能を県立宮崎病院に移し県央地区の小児科の拠点として充実させることになり、夜間急病センター小児科も移転することになり、施設を県立病院が改築し(1億4200万円)、宮崎市が借り受け、検査機器等の備品(2500万円)を備え付け、指定管理者として宮崎市郡医師会が運営します。
夜間急病センター小児科では、夜7時から翌日の朝7時まで、小児外来を受け付けます。市夜間急病センターの内科と外科の診療については、引き続き、市郡医師会病院内で行われます。
ただ、3次病院への併設は時代に逆行しているのではとの関係者の声と血液検査等は検査技師確保が困難とのことで簡易検査しかできないようで診断に問題は出ないのかなと少し気になりました。

配置されるスタッフは、准夜深夜が、医師(1・1)、看護師(2・2)、薬剤師(1・1)、放射線技師(1・0)、事務責任者(1・1)事務員(2・2)、用務員(1・0)、駐車場誘導員(1・1)、平日日勤事務員(2)

2014-4-1-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770