とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

子ども被災者支援法パブコメ学習会に行ってきました

東日本大震災後に県内に避難・移住してきた人たちを支援する「うみがめのたまご」が、開いた「原発事故・子ども被災者生活支援法」の施策基本方針案ぶ学習会に行ってきました。 県弁護士会の木村太志弁護士は「被災県などに戻るための施策は法に盛り込まれたが、これから移動(避難)する人のための施策はあまりない、との批判がある」などと支援法に基づく基本方針を説明されました。私も、20日に「基本方針には、法の趣旨が反映されていないため、抜本的に見直すべき」とのパブリックコメントを提出しました。(写真左:木村弁護士、写真右:古田代表)

又、古田代表は、県が把握していない家族も含め、県内には避難・移住者約200世帯、500人が避難・移住しているのではないかと避難者の現状を説明、今も増加傾向にあり避難生活の長期化で精神的、経済的負担が重くのしかかっていると強調しました。

2013-9-9-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770