とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

「歴史の修正は許さない!」8・15平和集会が開かれました。

ひまわり荘で宮崎県平和と民主主義を守る県民連合主催の「8・15平和を考える集い」が開かれました。講師の小沼新地方自治問題研究所所長は「太平洋戦争後68年。日本が戦争に巻き込まれなかったのは憲法の存在が大きい。今、憲法を変えようという動きが強くなっています。集団的自衛権を認めて実質的に改憲と同じ状態にしようとする動きも強くなっています。私たちの護憲運動が、今から始まります」と資料を使ってわかりやすく説明されました。

今日は、敗戦記念日で閣僚や国会議員の靖国神社参拝がマスコミで報じられています。戦争を賛美しA級戦犯等を軍神として祀る靖国神社に参拝することは、日本国民を存亡の危機に追いやった太平洋戦争の教訓に学ばず、戦争犯罪人を美化することではないでしょうか。近現代の歴史を書き換えようとするものです。もっともっと歴史を学ぼうではありませんか。

2013-8-15-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770