とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

金丸吉昌医師「総合医師の養成と地域包括医療の実践」を強調!

5月の政策懇談会では美郷町地域包括医療局金丸吉昌総院長に「地域医療の現状と課題」と題してホテルメリージュ会議室で講演していただきました。金丸医師は、21年前から宮崎県東臼杵郡西郷村(現美郷町)で地域医療の実践を通じて総合医の重要性と医師研修に僻地での医療実践を提言しておられます。(写真:講演する金丸医師)
同医師は講演で「‥按譴靴峠嗣韻箸箸發吠發爐海函2積極的な在宅医療。C楼菠餝膂緡邸Ε吋◆廚僚斗彑と「ち躪膂紊粒領とキャリアパスに中小病院、特に山間僻地・離島の病院を位置づけること。ッ楼莪緡鼎梁慮蓋修基地としての『今世六感塾』の立ち上げ。行政・議会との連携。」を強調されました。

本県においても医師の中央部への集中や小児科・外科・産婦人科などの医師不足が大きな課題となっており、県央部以外への開業や特定診療科医師への支援の必要性が指摘されています。今後、急速な高齢化が進む本県において、疾病の構造変化に対応できる体制作りが求められます。

2013-5-11-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770