とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

備前グリーンエネルギーKKで自然エネルギーやエスコ事業について研修

備前ネネルギーKKを訪問し、武本洋一社長からお話をお伺いしました。備前市では、行政・企業・市民が協働し、自然にやさしいエネルギーでまちづくりを進めるようと05年に「備前みどりのまほろば協議会」が設立され、地域エネルギー事業で町おこしする備前グリーンエネルギー株式会社がスタートしました。(写真:備前エネルギーKK本社で、右から2人目が武本社長)
同社は、.┘優襯ーコンサルティング事業、調査・研究事業、B斥曠┘優襯ー事業、ぅ丱ぅマス事業、ゥーボンオフセット事業を展開しています。
同社の主たるエスコ事業(Energy Service Company )では、颯┘優襯ー診断・分析、鰺徊祥住擦帽腓錣擦芯鶲董癖篏金活用、メーカー中立性)、鷓膿卦ヾ鐺各(高効率空調、ヒートポンプ、LED証明、太陽光など)、凜┘優襯ー報告(機器のチェックと毎月のエネルギー使用状況報告)、アフターメンテナンスで、これまで赤穂ロイヤルホテルなどで同事業を実施しています。
特に赤穂ロイヤルホテルプロジェクトは、平成24年度省エネ大賞、中小企業庁長官賞を受賞しています。2010年度は、エネルギー使用量は41%、CO2は55%削減となっています。経済性では導入費用210百万円、年間省エネ額1300万円、1/2補助があり8・5年で、補助がなくても16年で減価償却するとのことでした。

他の事業は、地域支援を重視しているためほとんど儲けはないとのとのことでした。会社スタート時点は運営は厳しく、くじけそうになることが多かったが奥さんの強い後押しで何とか乗り切ったと話しておられました。最近、国のFIT事業でようやく軌道に乗りつつあるとのことでした。是非、頑張っていただきたいと思います。

ESCO事業は、民間の企業活動として省エネルギーを行い、ビルオーナーにエネルギーサービスを包括的に提供する事業です。具体的には、省エネルギー改修工事のなかの、工事形態のひとつに過ぎませんが、省エネルギー量を保証するパフォーマンス契約を結ぶ点が特徴です。(社団法人大阪エスコ協会)

2013-3-27-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

NPO法人「きずなの会」で単身高齢者等の支援の現状を調査

「きずなの会」本部を訪問し、油田弘佑理事長(弁護士)、小笠原重行専務から現状をお聞きしました。きずなの会では、入会時の契約預託金180万円(最長360回までの分割可)で、これまで地縁・血縁が担っていた互助・共助の役割をサービスとして提供しています。
例えば、家族があっても様々な理由で交流が途絶していたり支援が困難な高齢者・障がい者にに対して、高齢者施設入所時の身元保証や入院時の手術の立ち会い、延命治療の同意、付き添いなど本来なら家族が行うべき様々なことを代行しています。
また、亡くなった場合の死亡届の提出などの事務的手続きや葬儀、納骨、33回忌までの法要のほか、夜間の事故などの緊急な生活支援などを行っています。
弁護士法人とタイアップしているのが特徴で、本部は3階にきずなの会、2階にタイアップしている弁護士法人名城法律事務所があり連携が図られていて、加入者の信頼を得ています。愛知県内に計5か所、そのほか東京都や神奈川県、岐阜県、埼玉県、静岡県、滋賀県に支局があり全国展開しつつあります。ただ、最近は類似のサービスも増えてきており経営はぎりぎりだが、事業の性質上撤退は許されないと話しておられました。
一種の隙間産業ですが、最近は施設入所時の身元保証のない高齢者等が増加しており行政もかなり期待しているとのことでした。

2013-3-27-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770