とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

総合防災訓練が行われ見学しました

南海トラフ巨大地震を想定した大規模な防災訓練が、県内各地で行われ見学しました。今回、初めて南海トラフ巨大地震を想定して行われた県総合防災訓練で、九州各県の行政職員のほか、消防や自衛隊地域住民など9000人余りが、日向灘沖でマグニチュード9の地震が発生した想定で訓練に取り組みました。(写真左:県庁本館、写真右:大淀川)
>最初は、県庁本館会議室に設けられた総合対策部を見学後、バスで移動し大淀川河川敷のヘリコプターを用いた救助活動訓練(ヘリホイスト)等を見学、次に宮崎港で水陸両用車や海域啓開訓練等を見学、最後は宮崎大学附属病院DMAT活動やトリアージ訓練等を見学しました。関係機関の連携など大きな成果が期待されますが、今後の対策に生かされるものと思います。訓練参加の皆さん、お疲れ様でした。(写真左:宮崎港、写真右:大学病院)

2013-12-15-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770