とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

3県商談会視察、台北市議会との意見交換しました

午前中は小グループで行動し、国立故宮博物院で中国の歴代陶磁器や玉石製の彫刻等の見学後、台湾三越で食品売り場を見学しました。本県産さつまいもなども販売していました。
午後は、3県のメンバーで3県合同の商談会の現場を視察しましたが、始まったばかりで商談はまだ成立していませんでした。宮崎県からは、東陽ビルドKK日向乃国「椎葉庵」、KK八興商事、南日本酪農協同KK、KK浪漫FOOdSの皆さんが、うめジュースや牛乳、ヨーグルッペ、ごぼう美人茶等を出展していました。椎葉村や串間市など本県業者の方達と話をしましたが、彼らは非常に意欲的でその姿勢に感動しました。是非、頑張っていただきたいと思います。鹿児島県からの参加企業4社、熊本県からの参加企業は5社の計13社で、熊本県が主管県となっていました。(写真左:商3県合同談会、写真右:本県企業の関係者と)


その後、台北市議会を訪問し議員の皆さんと意見交換しました。台北市議会は、定数62名、6選挙区が中選挙区で60名、平地原住民選挙区1名、山地原住民選挙区1名の合計62名となっています。中選挙区では4名に一人のクオーター制度を採用していますが、女性は上位当選が多くあまり関係はないとのことでした。任期は4年。意見交換後、議場を見学しましたが議席には書類が山積みあまり整理されていないようでした。正直あきれました。(写真左:台北市議会、写真右:台北市議会議長と記念写真)

2013-1-25-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770