とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

政治スクールが始まりました

宮崎市ひまわり荘で「社民党と市民の『政治スクール』in宮崎」で、私は校長として「社民党をもっとしって貰いたいと思い企画しました。消費税、原発、TPPなど様々な課題があります。中身をよく知っていただくと同時に、地方議員が何をしているのかなど、次回以降に太田県議、高橋県議がお話しします。楽しみにしてご参加ください」と生徒の皆さんに話しかけました。

初回は福島瑞穂党首が「国民を取り巻く状況と社民党の役割」と題して、消費税増税反対や脱原発に向けた政策を解説し、解散が近づく政局にも触れ、「政治を市民の元に取り戻すことが重要」と訴えました。また、「政治は今が正念場。国会にも地方にももっと仲間がほしいので、衆議院選や参議院選、地方選挙など多くの候補者を立てたい」と述べました。

なお、政治スクールは社民党県連合で企画し、「もっと社民党の政策を知ってもらい、将来政治にかかわり、政治家になる力をつけてほしい」という視点で、10名程度の市民の皆さんを公募、その結果22歳の会社員を含め、農家、保育所従事者など10名が受講生として参加し、第一回は福島みずほ党首の講義ということで、受講生以外に党員・支持者も110名が出席しました。

2012-9-8-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770