とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

市町村合併の現状調査で美郷町を訪問し、行政と商工会に話を聞きました

総務政策常任委員会調査で同調公民館で美郷町長と意見交換しました。2006年の合併後も人口減少が続くなど合併の効果は現れていない。ただ、役場所在地とそれ以外でも減少率は変わらないとのこと。最大の課題は医療の確保で、常備消防の設置について日向市と業務委託で協議してきた。日向市では東郷地区での分遣所設置が優先となり、同町での17名の人件費1億8000万円の高規格救急車の整備が求められたため断念した由。今後、交通アクセスの充実に努めていただきたいとのことでした。現在人口5936人。職員数は30名減らし216名。2010年度決算100億4700万円。(美郷町長との意見交換)

その後、商工会館で10名の役員と意見交換しました。「合併のついてはメリットもデメリットもあまり感じられない。あまり感じないが、もともと各地区は閉鎖的だが少し気持ちの面で仲間意識がでてきたかなとも思う。」などと話しておられました。その中で、同町の名産の栗を栗羊羹に加工し生協を通じて全国展開している業者がおられびっくりしました。栗羊羹「黄樹」を買って帰りましたが、その上品な味に驚きました。

2012-5-23-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

総務政策常任委員会の県北視察でビームダウン式集光装置などを視察

総務政策常任委員会の県北視察でビームダウン式集光装置などを視察しました。自然エネルギーへの転換が政策課題となる中、産学官の県・宮崎大学・三鷹光器KKの3者が連携して太陽光・太陽熱利用した研究開発やフィールド実験を行うために宮崎大学内に三鷹光器KKが開発したビームダウン式集光装置の設置が進められています。6月中には完成し研究が始まるとのことです。(写真右左:ビームダウン式集光装置)

2012-5-23-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770