とりがい謙二の活動報告

2011年5月の記事

「大地といのちの会」吉田理事長に食の大切さを学びました

社民党議員団で生ごみリサイクルによる農薬のいらない元気野菜作りの普及活動を行うNPO法人「大地といのちの会」理事長吉田俊道さんを講師に招き、現代の食事情、生ゴミを利用した野菜作り、食育について学習しました。(写真:社民党での学習会)

吉田さんは「現代の食べものは、同じ農産物、加工食品、調味料でも、ミネラルなど命がぎゅっと詰まったものから、量と形を似せた蜃気楼のようなものまであります。最近増えた子どもの低体温やいわゆる「切れる」、「うつ」などの症状も、腸内細菌と密接に関係しているという説もあるくらい、食は精神面とも密接につながっています。学習会や現地見学会の開催、小中学校での実施指導、本やビデオの制作などを通して、ひとりでも多くの方に生ゴミリサイクルの素晴らしさを知ってもらおうと思っています。生ゴミリサイクルから“いのち”の循環を実感することで、地球上のすべての“いのち”へのいとおしさが生まれてくると思います。」と強調しました。実態に即した話に参加者は大きくうなずいていました。(写真左:山口農園の山口今朝広さんの概要説明、写真左:草と同居する茄子の苗)、

講演の前に綾町で無農薬、無肥料で野菜作りをしている山口農園を吉田さんと一緒に見学しました。山口今朝廣さんは、EM菌利用を経て10年くらい前から現在の高炭素循環農法により約2ヘクタールでトマトやキュウリ、ニンジンなどを栽培し約200戸の家庭に野菜を届けています。あいにくのアメでしたが丁寧に説明をいただきありがとうございました。無肥料栽培ということで、驚くことばかりでした。特に、ジャガイモの素晴らしさに見学者は感心していました。菌床を大量に畑に投入し、さらに木質系の有機物を投入し、草なども利用されていました。(写真:タマネギをニンニクと一緒に保存するハウスの中で)
私は大変な間違いをしてきたのではないかと感じさせる1日となりました。

2011-5-26-1 コメント

檍地区の津波避難訓練で難しさを実感しました

防災の日の一環として、日向灘に面する檍地区で午前8時に高知沖で地震が発生し、高さ6メートルの津波が15分後に来ると想定した避難訓練が行われました、午前8時1分に避難が始まり、自宅から車で駆けつけるなどした住民が、高さ約13メートル(海抜16メートル)の避難場所に設定された「イオンモール宮崎」の3階屋上立体駐車場に避難しましたが、8時15分までに約700人、25分までに約900人が避難したとのことでした。(写真:消防署員による人命救助訓練)

私は、自宅から妻と徒歩で避難しぎりぎりの15分、交通手段は車か自転車などの何らかの方法を考える必要があると思いました。今回は想定された訓練でしたが、本番ではかなりの困難性があるのではないかと思いました訓練後の締めくくりの集会で、戸敷正市長は「日頃から地震津波に備えた行動をお願いしたい」と住民に呼びかけました。東日本大震災は住民の意識を確実に変えているようです。(写真:戸敷市長の話を聞く参加者)

2011-5-22-1 コメント

県障がい者スポーツ大会が開かれました

スポーツで交流の輪を広げようと県障がい者スポーツ大会が、1600人の選手たちが参加し県総合運動公園で行なわれましたが、開会式の途中から雨が降り出し急遽スタンド下に移動して続行されました。
卓球に出場する日向市の三宅美佐子さんが「仲間たちと交流を深めながら楽しく元気に競技することを誓います」と選手宣誓をしました。その後、雨は上がり陸上や水泳、卓球など9つの競技が行なわれました。大会は、全国障害者スポーツ大会の選考会を兼ねていて、選手たちはそれぞれベストを尽くしていました。

2011-5-8-1 コメント

憲法講演会で井原前岩国市長が「平穏で平和な生活」の実現強調!

「平和と民主主義のための県民連合」などが主催した憲法と平和を考える市民の集いがひまわり荘で開かれました。
約150人が参加した憲法記念日講演会では、山口県岩国市の元市長で「草の根ネットワーク岩国」の代表・井原勝介さんが「憲法9条と基地問題」と題して講演しました。井原さんは、岩国基地のアメリカ軍の再編問題を巡り、住宅団地の開発事業が、市民との約束を反故にして突然中止となり、そのまま在日米軍の住宅や基地にされようとしている実態を詳しく説明。岩国基地の強化を迫る防衛省や外務省の実態、市議会との闘いなどが報告されました。

そして「平和で平穏な生活を守るためには、国策であっても住民の理解を得ずに行うべきではない。政治は平和で平穏な生活を市民に保障するものでなくてはならない」と訴えました。
権力に屈服しない姿は参加者の共感を呼び、多くの方が著書を買い求めていました。

2011-5-3-1 コメント
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770