とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

2月定例県議会が閉会しました

県議会の2月定例会は、2011年度当初予算案や2010年度補正予算案など65議案と議員発議の意見書案6件、条例案3件、請願3件を採択して閉会しました。社民党は、県職員の定数を削減条例案は、例えば獣医師が全国一少ないために予防などの防疫体制が不十分となり口蹄疫や鳥インフルエンザが発生したと考えられると具体例を挙げて反対しました。職員定数の削減にあたっては一つ一つの業務を点検して積み上げて定数は決められるべきと考えています。
 2010年度一般会計補正では高病原性鳥インフルエンザと新燃岳噴火の対策費計48億3250万円や、種雄牛など口蹄疫で処分された県有種畜の早期再生を図るための「県種畜再生対策基金」に15億円を措置され、2010年度予算総額は、7587億2936万円となりました。


2011-3-14-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770