とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

社民党県議団でNPO法人ふるさと回帰センターに行ってきました

東京銀座にあるふるさと回帰支援センターで、高橋公専務理事に同センターの活動状況などをお聞きしました。
1998年に連合の政策として始まった「ふるさと回帰運動」は、同センターが軸となり、都市と農産漁村の交流や移住の推進を図ることで農産漁村の活性化を図ろうとして取り組まれてきました。そして、100万人のふるさと回帰・循環運動は、Iターン・Jターン・Uターンなど、地方で暮らし生活することを希望する都市生活者や定年退職者などの人 々のために、受け入れ体制や技術指導などの基盤を整備し、地域活性化と新たな価値観を創造するための社会運動と言えます。とりわけ、東日本大震災でこれまでの価値観から脱却を図り人間らしく生きようとする人たちにとって、大きな希望となる取り組みではないかと感じられました。会場には日南市のパンフレットも置いてありました。(写真:同センターで高橋専務と)

2011-11-16-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770