とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

TPP交渉参加に反対する集会に参加しました

檍北小学校のわくわく運動会が清々しい秋空のもと開かれましたが、残念ながら開会式のみの出席となりました。その後、JAグループ主催の「TPP、環太平洋パートナーシップ協定の交渉参加に反対する集会」が、宮崎市中央公園で開かれ参加しました。主催者を代表して、JA宮崎中央会の森永利幸会長が、「農業を壊滅させるだけでなく、生活全般にも影響を及ぼすTPPの参加に断固反対する」と訴え、消費者代表や医療代表、商工会代表などが情報が徹底的に不足している中での交渉参加は自殺行為だと次々に交渉に参加しないよう呼びかけました。つづいて、TPP交渉参加に断固反対する共同宣言を採択したあと、ガンバロー三唱後、全員で市街地をデモ行進し市民に理解を呼びかけました。(写真左:TPP交渉参加に反対する集会、右:檍北小運動会開会式)

政府は、来月開かれるAPEC、アジア太平洋経済協力会議に向けて、TPP交渉参加に向けたレールを引こうとしていますが、これを許してはなりません。集会参加者は約3500人とのことでしたが、JAは動員力がありますね。感心しました。
JAグループによりますと、日本がTPPに参加した場合、県内では、農林水産業で約1600億円、関連産業を含め3000億円近い損失が生じると試算しています。
 私は、都合により集会だけの参加となりましたが、9月県議会でも「TPP参加は、農業だけでなく医療や雇用、入札制度など生活全般に競争至上主義を持ち込むもので国民の背活を破壊する。徹底して問題点を県民に明らかにし反対すべき」と取り上げた問題です。「農業 対 製造業」の問題にしては推進派の思うつぼです。

2011-10-16-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770