とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

子どもの育ちと保育制度を守る総決起集会が開かれました

子どもの育ちと保育制度を守る総決起集会が、シーガイア・サミットホールで開かれ、1000人を越え立ち見の人もいるほど多数の参加者で熱気にあふれました。

開会あいさつのあと、帝京大学教育学科教授村山祐一さんが「子どもを守る、保育を守る」との演題で講演し、村山教授は「いま行われようとしている保育制度の変更は大きな問題。日本の子どもに関するシステムを根底から変えるものだ。現行制度は不充分の所もあるが立派にやってきた。子育ての市町村責任をなくし、保護者の責任とすることで日本の社会のあり方を変えることになる。新システムは多くの問題があるのに「良くなる」としか説明せず大きな欠陥があることを公表していない。「待機児童」対策のための新システムと言っているが本当にそうか。1 5年前から待機児童対策を言ってきたがこの間314カ所しか保育園は増えていない。定員100人としても3万1000人増にしかなっていない。前例となる介護保険制度や障がい者自立支援法の問題点を指摘して、保育制度の改悪を止めなければならない」と当事者である保育士さんたちに分かり易く説明されました。
その後、「保育を守る」アピールを保育職場代表と保護者代表のお二人から、新システムへの意向には大きな危惧をもっといると、具体的な事例を交えて意見発表があり、最後に「子ども・子育て新システムに反対する決議」を参加者全員で採択して終了しました。

宮崎県議会では、昨年9月議会で「子どもの立場に立った保育所の環境改善を求める意見書」を採択していますが、党派を超えた取組が求められています。

2011-1-30-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770