とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

司法修習生の給費制度を求める集会に参加しました

司法修習生の修習期間中に国が給与を支払う「給費制」が11月から中止され、一定額を貸し付ける「貸与制」に変更することに反対する弁護士会主催の市民集会が宮崎市中央公民館で開かれ参加しました。
司法試験合格者は裁判官・検察官・弁護士になる前に最高裁が月約20万円の給与を支払いアルバイト禁止の1年間の実務研修を義務づけてきました。構造改革の一環として、弁護士増を図るなどとして法科大学院設置などの司法改革が進められた結果、修習生が増加したため財政的に苦しくなった国が給費制廃止を打ち出していました。(写真:パネルディスカッションであいさつする宇都宮日弁連会長)
 アルバイトは禁止されているため資金に余裕のない人は借金するしかなく、しかも宮崎には法科大学院はないため県外に行かなくてはなりません。
 政権交代はしたものの新自由主義の潮流は根深いものがあります。医師と同様に研修期間中の賃金を保障しなくては良い弁護士は出ないのではないでしょうか。

2010-8-22-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770