とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

コアジサシ営巣地づくりの一つ葉入り江清掃大作戦に参加しました

檍地域まちづくり推進委員会の呼びかけで行われたコアジサシの営巣地清掃大作戦に参加しました。宮崎市一ツ葉入り江は、絶滅危惧種に指定されているコアジサシの営巣地となっていましたが、干潟に車が侵入したり草や小流木などで荒れていたため、昨年から営巣しやすいようにボランティアによる干潟の整備が行われていました。

 天候に恵まれた今年は、地元住民を中心に約40人が、一ツ葉入り江で除草作業を行いました。一ツ葉入り江には、毎年4月上旬から5月にかけて、コアジサシが飛来しますが、ここ2年間、営巣が確認されていないとのことです。参加者は、コアジサシが営巣しやすい環境をつくろうと、砂浜に茂った草や枯れ木をスコップや重機などを使って取り除きました。
 まちづくり委員会は、今後コアジサシを引き寄せるため本物そっくりの模型デコイを設置するなどして環境づくりを進めることにしています。

2010-3-13-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770