とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

来春の県議選挙で社民党の5名の予定候補者で記者会見しました

 社民党公認で来春の県議選挙を闘う予定候補者5名で記者会見を行いました。来春の県議選挙は、定数が45名から6名減の39名で行われるため各選挙区とも激戦が予想されています。記者の皆さんに、統一自治体選挙用の宮崎県での政策集を配布し、全力で5議席を確保するため全力をあげる決意を申し上げました。

 政策集は、仝柩僂鮗蕕襦↓医療・介護・福祉の充実、G昔啅箸凌橋宗文蹄疫からの復興、食糧自給率のアップと食の安全)、っ羮企業の振興(福祉のまちづくりの条例の充実)、ザ軌蕁子ども・女性(子どもの育ちを応援)、Ρれ負債の解消(災害に強いまちづくり)、Ц共交通(人・まち・環境にやさしい交通)、地域主権改革(市町村への権限委譲は国・県の肩代わり)、平和・人権(9条がめざす社会へ平和基本法を)などの政策や社民党県議団の4年間の活動実績、各予定候補者の決意とローカル政策で構成されています。なお、外山良治議員は今期で勇退されます。
予定候補者は次のとおりです。
太田清海(現・延岡市)、鳥飼謙二(現・宮崎市)、松村秀利(新・宮崎市)、満行潤一(現・都城市)、高橋透(現・日南市)

 その後、高鍋町で行われた自治体退職者会宮崎県本部第34回定期大会に出席して、東国原県政の問題点や退任後の残された課題、知事選への対応、県議会議員定数減等について報告し、5議席確保のため全力で頑張る決意を申し上げました。口蹄疫からの復興を支援しようと今年は高鍋町で開催されるとのことでした。大変良いことですね。

2010-12-6-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770