とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

護憲大会2日目に分科会やフィールドワークが行われました

護憲大会2日目は、朝から「非核・平和・安全保障」、「教育と子どもの権利」、「歴史認識と戦後補償」、「人権確立」、「地球環境」、「地方主権・市民政治」、「憲法」の7分科会、太陽の国と戦跡を巡るフィールドワーク(綾町・酒泉の杜・照葉樹林、宮崎市「平和の塔」「赤江特攻基地跡」他)が行われ、午後には 「男女共同参画」、「さわぎり人権侵害裁判」、「#SOARコンサート」の3つの「ひろば」、 全国基地問題ネットワーク学習交流集会、 特別分科会「運動交流」が行われました。私も、地元の利を活かし各会場を回り白熱した議論を傍聴しました。(写真左と右:各分科会の様子)

特に、地元実行委員会が主に企画するひろばでは、同僚の太田県議の双子の子どもさんの陽さんとさくらさんによる「#SOARコンサート」が開かれ、「平和と人権」をテーマに詩人杉谷昭人(元宮崎県高教組委員長)さん作詞にソアが曲をつけた「9条賛歌」や「この街で」などには感動しました。写真(ソアコンサートの様子)
杉谷昭人さんのこの街でを紹介します。
「この街で 杉谷 昭人」
この街で戦争があった。この街で男は倒れた。夏の日差しの 照り返しの中で
母の名を呼んで 男は死んだ。
この街に 原爆が落ちた。この街で 女は祈った。赤い血青い血の 流れすぎる川辺で こどもらを抱いて 女は死んだ。
この街に ひとは花を植えた。この街に 花がひとつ咲いた。九条という名の つよく白い花が 青い空に向かって のびやかにひらいた。

2010-11-7-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770