とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

医療対策特別委員会県外調査で長野県庁を視察しました

長野県の医療対策を調査しました。長野県は、人口217万人、県内総生産8兆1400億円で宮崎の2倍強、面積は2倍弱、県民所得は278万円(宮崎:215万円)と規模の大きな県と言えます。
医師の県央集中(松本市人口10万317人)は宮崎と同じですが、佐久総合病院と諏訪中央病院のある地域を除いては、医師不足に苦しんでいるとのことでした。
同県で特記すべきことは、2008年度にスタートした医師をトップにした医師確保対策室の設置です。現在7人体制で医師個人への訪問、転職する医師の子どもの保育園入所や住居の確保などきめ細かな対応を行っています。医師確保予算は5億1000万円、産科・小児科医の確保など国の制度も利用しながら積極的に取り組んでいますとのことでした。
歯科保健については、今年10月に議員提案で制定しフッ素洗口を推進しているとのことでした。
夕方、帰宮後、ひまわり荘で開かれた県職労宮崎支部の定期大会に出席しました。

2010-10-22-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770