とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

常任委員会で日産自動車追浜工場、北本市デマンド交通を視察しました

横須賀市にある日産自動車追浜工場は、170任旅大な敷地でティーダやノート、マーチなど年間43万台を生産する日産自動車の主要工場で約3200人が働いています。温暖化が大きな問題となる中、日産自動車は電気自動車(EV)生産を同工場で開始しました。製造ラインを見学しましたが、オートメーション化された工場内では、労働者とロボットが次々と自動車を生産していました。眼を瞠りながらも、自動的に動くラインを前に労働者はかなりの重圧だろうなと思いました。又、女性も混じって働いている様子は新鮮な感じがしました。
現在200劼旅丗概離の延伸と充電施設の設置が大きな課題で、ゼロエミッションのリーダーを目指していると話しておられました。

午後は、埼玉県北本市のデマンド交通を利用した公共交通について視察しました。ワゴン車2台、タクシー1台であらかじめ予約して利用するもので、システムを東京大学大学院と開発しているとのことです。市域が19,84平方劼龍垢っ楼茲北鵤桂人が居住しており、本県の参考になるかは十分な研究が必要ではないかと感じました。

2010-10-14-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770