とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

宮崎市内の企業や施設を訪問し課題についてお聞きしました

具体的課題について調査するため、宮崎市内の企業や福祉施設をボランティアの方の運転で訪問しました。ある保育所では「待機児童解消するためとして許認可の権限を地方に移管する議論が出ているが、児童1名当たりの広さなどを定めた施設の最低基準さえ守られなくなる恐れがあり慎重に対応して欲しい。
又、園内給食についても規制緩和により外部委託する前政権下の方針があったが、食べることの大切さをもっと大事にすべきだ。キュウリやニンジン等の食材を実際目で見て、調理師が料理して食事になることや臭いや味など総合的に子どもは学んでいく。効率性で切り捨てないで欲しい」と話しておられましたが、その通りです。

又、県内で初めて開設されて2年目の在宅障害者の通所更正施設(現在は呼び名が違う)では、通所する障害者も増えてきて経営も安定してきたとのことですが、障害者が外に出て行くことはとても大事なことです。頑張ってくださいと再訪を誓いました。

2010-1-19-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770