とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

宮崎県庁職員退職者会の定期総会に出席しました

第33回宮崎県庁職員退職者会の第33回定期総会が、役員や各支部代議員など約40名が出席して開かれました。
開会冒頭、ご逝去された藤野会長他会員のみな様のご冥福を祈り黙祷しました。主催者あいさつに立った奥宮副会長は「小泉構造改革は、国民とりわけ高齢者に大変な犠牲を強い、税制、医療・介護保険、後期高齢者医療制度、年金など、制度の改悪が強行され、高齢者は厳しい生活を強いられています。生活を守るため会員の拡大や政治を流れを変えるための運動に頑張ります」とあいさつしました。
その後、2009年度の活動方針や予算案を全会一致で承認し、新会長に田口三郎氏を選出し、生活を守る運動を進めていくこととなりました。
私は来賓として出席し「6月県議会が始まりますが、県民の立場に立った議論を展開し、活力ある議会活動に取り組みます。いつまでもお元気にお過ごしください」と激励あいさつしました。

2009-6-1-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770