とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

肝炎訴訟に取り組む宮崎医療講演会に出席しました

注射針を連続使用した集団予防接種などの結果、B型・C型肝炎に罹患した患者さんを支援する薬害肝炎全国原告団等の主催による医療講演会が、都城市総合文化ホールで開かれ患者さんと一緒に出席しました。
宮崎大学医学部の永田賢治医師による「肝炎の治療について」の講演や訴訟原告の方から「基本法キャンペーンの意義・状況について」、B型肝炎訴訟九州弁護団の佐川民弁護士による「B型肝炎訴訟の意義について」の報告などが行われました。
永田医師には患者さんから多くの質問が出されていましたが、私自身も肝炎とはどのようなものか、何故医原病と言われるのかがわかり大変勉強になりました。
最後に、各政党所属の県議会議員からの意見表明が行われましたが、国会にはすでに与・野党案が提出されており、早期の成立を図っていくことの重要性を確認しました。自民党議員の出席がなく、残念に思いました。

2009-5-9-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770