とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

宮崎県職員労働組合の第4回定期大会に出席しました

宮崎市民プラザで開かれた第4回宮崎県職員労働組合の定期大会に出席しました。
福島委員長は「最近退職者から、『現役職員が仕事に追われて疲れている。自分のことで精一杯ようだが、人を減らしすぎではないのか。給料も上がらんしメルトダウンし、休んでいる人も多い。組合がもっと頑張らんといかんよ』という話がありました。行革で人が減らされ、職場のコミニケーションや連帯感が薄れ、組織としてのチームワークに問題が出ているようです。改善に向けて頑張りますと答えた。公務員労働者は公正・公平な公共サービスを提供する義務を負っており、県病院直営堅持など今が頑張りどきです。そのために、^貎佑亘人のために、万人は一人のために、△澆鵑覆覇は澄△澆鵑覆罵弋瓠△澆鵑覆嚢堝阿鬟ーワードに前進します」と参加者に訴えました。
私も、「県庁出身議員として、職員の労働条件改善に向けて全力をあげます。」と連帯あいさつしました。
午後の部の一部まで、大会の模様を傍聴しましたが新規職員の組織化など活発な討論が行われていました。県民の立場に立った行政を添加するためにも、労働組合にも踏ん張ってほしいものです。

2009-5-30-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770