とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

環境農林水産常任委員会で延岡市清掃工場「「夢の杜」を視察

環境農林水産常任委員会の県北視察で、今年4月に供用開始された延岡市清掃工場「夢の杜」を見学しました。「夢の杜」は、県ゴミ広域処理計画に位置づけられている延岡・西臼杵ブロックの一般廃棄物処理施設です。10年ほど前県内3ブロック案が県から提案され、地元のゴミは地元で処分すべきと県議会で大論争し反対したことを思い出しました。
ゴミの地産地消、私たちの判断は正しかったようです。

同施設は、処理能力218トン/1日(109トン/1日×2基)発電能力2150kwhでボイラーから発生する蒸気や蒸気によりつくった電力は、施設内や併設する健康施設ヘルストピア延岡などに供給し、余剰電力は九電に売電する予定になっています。

2009-5-20-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

環境農林水産常任委員会の県北視察で切原ダムの現地調査

環境農林水産常任委員会の県北視察で、反対の声が上がっている畑地かんがい排水事業が行われている切原ダムを見学しました。
川南町・都農町の丘陵地帯で受益面積1580如∩躬業費約100億円。幹線部分やダムは九州農政局が実施し、県は支線部分を県営畑地帯総合整備事業尾鈴北第1地区と尾鈴北第2地区として事業を実施しています。(写真:尾鈴農業水利事業所などによる現地説明、建設中の切原ダム)

尾鈴北第1地区(590如⊆益者567名で同意率82%。総事業費41億8000万円、工期2001年度〜2011年度で一部で水利用開始)は、
土地改良区による開閉栓方式を導入し、個々の受益農家の意向調査と給水栓の設置同意を取得中とのこと。
尾鈴北第2地区(189如⊆益者192名で説明会で同意を求めている段階。総事業費11億7800万円、工期2009年度から2015年度)は、事業の同意そのものを取得中で、一定以上の同意が得られた段階で法に基づく事業施行申請が行われるとのことで、反対運動は事業そのものに異議を唱えています。(写真:給水が開始されている茶畑)
農業の先行きが不明なことが複雑に絡まっているようでしたが、ダム本体は巨大で貯水をどうするのだろうかという疑問が残りました。

2009-5-20-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770